ウイング経営労務コラム

運行管理者試験

埼玉県バス協会及び茨城県バス協会・茨城県ハイヤータクシー協会主催の運行管理者試験対策講習の講師のお知らせ   [2019.06.22]

埼玉県バス協会及び茨城県バス協会・茨城県ハイヤータクシー協会主催の運行管理者試験対策講習の講師を務めます。

各協会から各会員事業者様あてに、講習のご案内がなされておりますので、各協会にお問合せください。

〇埼玉県バス協会

8/7(水)模擬試験&直前対策講座(浦和市)

模擬試験で試験の腕試しをし、弱点を試験までに補強できる内容となっています。

 

〇茨城県バス協会・茨城県ハイヤータクシー協会

8/5(月)実戦力養成講座(水戸市)

今回は合格に必須の基礎知識を押さえるために実施する内容となっております。

引き続き、WINGジャパンでは8月22日(木)「模擬試験&直前対策講座」を土

浦市で実施いたします。

東京都・茨城県・群馬県・山梨県トラック協会主催の運行管理者試験対策講座の講師について   [2019.06.14]

東京都・茨城県・群馬県・山梨県トラック協会主催の運行管理者試験対策講座の講師を務めます。

今回の試験でも高い合格率を目指します!

各講習につきましては、各トラック協会から会員事業者様あてにご案内があります。なお、ご案内がない協会につきましては、お知らせがあるまでお待ちください。


〇東京都トラック協会

8/17(土)模擬試験&直前対策講座(新宿区)


〇茨城県トラック協会

8/ 3(土)実戦力養成講座(土浦市)

8/ 4(日)実戦力養成講座(水戸市)

8/19(月)模擬試験&直前対策講座(水戸市)

 

〇群馬県トラック協会

7/21(日)実戦力養成講座(前橋市)

8/10(土)模擬試験&直前対策講座(前橋市)


〇山梨県トラック協会

7/27(土)実戦力養成講座(笛吹市)

8/11(日)模擬試験&直前対策講座(笛吹市)


 

(茨城県トラック協会のホームページより)

https://www.ibatokyo.or.jp/wpcontent/uploads/2019/04/20190425132055.pdf

運行管理者試験「速習テキスト(貨物)」(新刊)-合格教材の決定版ー   [2017.09.24]

10/19に、拙著「運行管理者速習テキスト(貨物)」(翔泳社刊:定価1,800円・税別)が発売されます。電子書籍も同時発売です。

本書は、運行管理者試験の合格率が高く、わかりやすいと定評のある1都4県で実施している、WING塾の教材(オリジナル教材、重要ポイント教材)を基に1冊にとりまとめたものです。

本書の特長として、次の3つがあります。

1.過去問の間違い箇所が併記してあります。

2.キーワード・数字の赤字での表示やごろ合わせを紹介するなど、わかりやすさにこだわっています。

3.「実務上の知識及び能力」の適・不適の問題では、不適を抜粋し、不適の解説をしています。

出版元の翔泳社様には他社より手頃な値段にしていただいたこともあり、多くの受験者の皆様方には必ずお役に立てるものと確信しています!

これまでは主として関東圏でしたが、全国の受験者の皆様方のお役に立てることができることが何よりの喜びです。

大手書店、ネット(Amazon、楽天ブックス、hontoネットストア等)のほか、各トラック協会でも販売していただけるよう、お願いしているところです。

Amazon、楽天ブックス、hontoネットストア等のネットでは、予約受付中です。

https://www.amazon.co.jp/dp/4798153443?tag=shoeishacom-22

今後は、WING塾をさらに拡充するほか、書籍、DVD・CDを充実させるとともに、Web講義と旅客の出版の実現を目指します!

最新DVD・CD及び教材の販売開始について   [2017.04.16]

平成29年8月27日運行管理者試験に対応のDVD版、CD版及び教材(模擬試験付き)を4月24日から販売開始いたします。

本年3月5日の試験問題及び法改正を盛り込んだ最新の内容となっています。

誰よりもいち早く学習をスタートし、見事合格しましょう!

前回の試験の合格率が、貨物20.5%旅客26.0%となっており、試験間際の詰め込み学習では到底合格できない試験となっております。

仕事の傍らの受験なので、少なくても3ヶ月前からの学習をおすすめいたします。

本DVD・CDによる繰り返しの学習及びコンパクトな本教材の繰り返しの学習こそが、"合格の早道"といえます。

ホームページからお申込みください。

http://win-wing-japan.co.jp/

4月24日以降のお申込みに対しては、入金の確認がとれ次第、直ちにお申込みのDVD版、CD版及び教材(模擬試験付き)をお送りいたします。

何卒、どうぞよろしくお願いいたします。


平成28年度第2回試験(3月5日)の考察について(旅客)   [2017.03.13]

今回の試験は、「道路交通法」において比較的に難易度が高い出題が多かったことが特徴といえます。

まず、問14の穴あけ問題は「車両通行帯」でしたが、これまで穴あけ問題は、法律の目的条文など最重要事項について出題されていたので、全く意外でした。

次に、問13の駐車の誤っている箇所「荷待ちのための停止」 → 〇「貨物の積卸しのための停止」や問16の標識(車両横断禁止)の問題はこれまで誤り(箇所)として出題されたことがないため、戸惑いがあったのはないかと思います。

なお、問17の2は、昨年秋から社会問題化となっている運転中のポケモン等の操作による事故を踏まえた出題ですが、注意喚起を促す意味でとても良い出題と思います。

しかし、「道路運送法」の問4の1.は不適切な問題といえます。「補助者は、点呼の一部(点呼を行うべき総回数の3分の2未満)を行うことができる。」 で正しい問題とされていますが、正しくは「3分の2以下」であり、運行管理者試験センターに対しても申入れを行いました。

当WING塾では運行管理者の点呼は総回数の「1/3以上」、補助者の点呼は総回数の「2/3以下」と講義を行い、教材にも明記しており、問4の正解は2.で明確ではあるものの、時間がなく1.にマークした受験者がいないか心配です。

問7は消去法で2.の正解に導くことはできるものの、2.の誤っている箇所を特定することは難しいといえます。

「制動装置、走行装置その他の重要な装置の機能について、運行の状況に応じて必要な点検を実施」 →  〇「制動装置、走行装置その他の重要な装置の機能について、点検を実施」

「道路運送車両法」では、問12の1.「タイヤの滑り止めの溝の深さ」、問12の4.「自動車の軸重」、が初めて出題されました。

「労働基準法」及び「実務上の知識及び能力」は、運行管理者に求められる知識を問うのに相応しい問題であるといえます。

 

WING塾では、模擬試験で、問2をはじめズバリ当たったことなどもあり、講座の受講者からは、自己採点ではありますが、講座を受講し、WING塾の教材(オリジナル教材、重要ポイント集)のおかげで合格点以上得点できたという嬉しい報告が寄せられています。

WING塾では、次回、8月27日の試験において受講者の皆様方の合格にお役に立てるよう、講座の運営づくりに努めてまいります。

平成28年度第2回試験(3月5日)の考察について(貨物)   [2017.03.13]

今回の試験は、「道路交通法」において難易度が高い出題が多かったことが特徴といえます。

まず、問14の穴あけ問題は「車両通行帯」でしたが、これまで穴あけ問題は、法律の目的条文など最重要事項について出題されていたので、全く意外でした。

次に、問17の3.の誤っている箇所を特定することは難しかったのではないか思います。

「当該貨物を看守するため当該自動車が積載可能な重量までの人員をその荷台に乗車させて運転することができる。」→ 〇 必要な最小限度

この他、問13の駐車の誤っている箇所「荷待ちのための停止」 → 〇「貨物の積卸しのための停止」及び問16の標識(車両横断禁止)はこれまで誤り(箇所)として出題されたことがなかったこともあり、足切り(5問中1問正解)のクリアが危ぶまれるところです。

「貨物自動車運送事業法」の問4の1.は不適切な問題といえます。「補助者は、点呼の一部(点呼を行うべき総回数の3分の2未満)を行うことができる。」 で正しい問題とされていますが、正しくは「3分の2以下」であることから、運行管理者試験センターに対しても申入れを行いました。

当WING塾では運行管理者の点呼は総回数の「1/3以上」、補助者の点呼は総回数の「2/3以下」と講義を行い、教材にも明記しており、問4の正解は4.で明確ではあるものの、時間がなく1.にマークした受験者がいないか心配です。

問7は消去法で2.の正解に導くことはできるものの、2.の誤っている箇所を特定することは難しいといえます。

「制動装置、走行装置その他の重要な装置の機能について、運行の状況に応じて必要な点検を実施」 → 〇「制動装置、走行装置その他の重要な装置の機能について、点検を実施」

「道路運送車両法」では、問12の2.「自動車の軸重」、問12の3.「タイヤの滑り止めの溝の深さ」が初めて出題されました。

「労働基準法」は、フェリーの乗船時間を拘束時間から差し引く問22の問題など運行管理者に求められる知識を問うのに相応しい問題であるといえます。

「実務上の知識及び能力」は「適」「不適」の問題をはじめ適切な出題であるといえます。

 

WING塾では、模擬試験で、問2をはじめズバリ当たったことなどもあり、講座の受講者からは、自己採点ではありますが、講座を受講し、WING塾の教材(オリジナル教材、重要ポイント集)のおかげで合格点以上得点できたという嬉しい報告が寄せられています。

WING塾では、次回、8月27日の試験において受講者の皆様方の合格にお役に立てるよう、講座の運営づくりに努めてまいります。

運送業・物流業の企業さまへ

  • 物流業まるごと支援サービス
    運送業・物流業の経営者様が労働トラブルや煩瑣な手続きに振り回されることなく、経営に専念することができるようサポートします。

無料診断サービス実施中

サービス案内

  • 顧問契約
  • 就業規則の作成・見直し
  • 人材育成コンサルティング
  • メンタルヘルスコンサルティング
  • 労働保険・社会保険の手続き
  • 助成金申請
  • 遺言書作成・相続手続き

ウイング経営労務コラム 新着記事

メディア掲載

メディア掲載実績一覧はこちら

日本流通新聞

ビジネスガイド別冊2015年12月号 SR第40号(日本法令出版)に9頁にわたり、トラック運送業界の現状と今後の展開についての記事が掲載されました。

詳しくはこちら

日本流通新聞

平成27年8月25日、第248回日本物流研究会において、「今こそ!押さえておきたいマイナンバー」と題して行った講演が紹介されました。

詳しくはこちら

日刊ゲンダイ(平成26年11月6日)

日刊ゲンダイ(平成26年11月6日)の「役立たず、無能、どんなに罵られようが、会社にしがみついた方がこれだけトク!!」の記事の中で、紹介されました。

掲載記事はこちら

運行管理者試験合格講座

平成26年4月27日、臨時運行管理者試験の対策として、千葉県トラック協会において実施しました「運行管理者試験合格講座」が、日本流通新聞の紙面において紹介されました。

日本流通新聞

平成25年10月20日、江戸川区総合文化センターで、「行政処分基準の改正」をテーマに講演した運送事業者セミナーが、日本流通新聞で掲載されました。

詳しくはこちら

税務・会計の情報誌「Profession Journal」に、平成25年8月、高速ツアーバスが廃止され、新高速乗合バスへの移行・一本化したことに関連する記事(3回シリーズ)を執筆しました。

「新たな高速バスの法規制と労働問題」

日本流通新聞

【運送業・物流業対象】日本物流研究会主催セミナー「国交省OB・特定社労士が見た“最新トラック運送業の実情”」と題して、講演を行い、日本流通新聞に掲載されました。

詳しくはこちら

事務所案内

東京ウィング社労士事務所
代表 山田 信孝

〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクウェア1171

電話:090-9815-7626
FAX:03-5674-6115
メール:info@sr-yamada.jp

事務所案内の詳細はこちら

お問い合わせフォームはこちら

Facebook